のだめんの日記帳 |NANA MIZUKI LIVE GRACE 2011 -ORCHESTRA- レポート

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nm7inside76.blog130.fc2.com/tb.php/151-b3cdb268

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

NANA MIZUKI LIVE GRACE 2011 -ORCHESTRA- レポート

書いてたら誤って消してしまったりして、upするまでに時間が経ってしまいました(^^ゞ
てか、経ち過ぎですねorz

1日目と2日目で分けて書こうと思ったのですが、楽曲にほとんど変わりがなかったので、まとめて書こうと思います!!←間違っても手抜きでは無いですよw

長くなると思いますので、ライブ本編は追記にて書きますね^^






座席は、初日がアリーナC16列目の奈々さんの真横位で、2日目がアリーナE7列目の前日よりは多少ステージから離れた感じの位置でした。

まずはオープニング!!
巨大なスクリーンに映し出される映像、オーケストラに関係する楽器が次々と映し出されそれを奈々さんが見て廻る・・・みたいな感じの映像で、最後には奈々さん自身がステージの上に登場し、歩きながら衣装チェンジするという変身技を披露しつつ、指揮者としてステージに君臨した所でライブスタートしました!!

01:天空のカナリア
奈々さんが何処から登場するのかと思いきや、まさかの天井からでした!!飛ぶのはFIGHTER以来かな(・ω・*)?それにしてワイヤーで吊られた状態であの歌唱力はやっぱり奈々さん半端ないなと思いましたね。

02:Tears' Night
この歌詞を聞くと跳べないんですよね・・・自分。切ない感じが伝わって来て・・・
あ、でも思った事・・・2日目の青とオレンジの割合が6:4位だったんですが、これがそのまま【ETERNAL BLAZE】に移行したら本当の炎みたいで凄い綺麗だなぁ、と思いました。
ま、この曲自体に関してはオレンジいらないと思いますので、皆さん自重して頂けるとありがたいかな、と。

MC1:「NANA MIZUKI LIVE GRACE 2011 -ORCHESTRA-supported byアニメロミックスへようこそ」と上品な口調の奈々さん、スカートをちょいっとつまんでお辞儀した姿が印象的でした^^
しかし、それもつかの間で「いつも通りやっても良いですか?」からの「皆さん盛り上がってますか~!!」と、いつものライブ口調に切り替えwww
↑は両日とも同じでした^^

2日目の時は、奈々さんが指揮者の藤野さんに振り、おそらく「水樹奈々はファンを裏切らない」的なニュアンスを仰ったかと思います。一字一句覚えてるかたからの詳細を求む!!w

03:undercover
キタコレ!!
うん、まだライブで歌ってなかったですからね>< 聞けて嬉しかったです!!

04:ファーストカレンダー
FORMULAで初めて聞いて歌詞が凄い好きになった1曲でもあります^^

05:テルミドール
初めて買ったDVDがLIVEDOM -BIRTH-で、結構感激しちゃいました><

06.PHANTOM MINDS
会場が青に染まるーーーーーーーーー!!っと思ったんですが、半分以上がUOで・・・青で染めて欲しいものですね。

07.MARIA&JOKER
脳内ではDIAMONDでのヘリコプターから降りてくる奈々さんが再生されていたのは内緒ですw

ここで、あの日夢見た願いのインストに合わせてショートムービーが・・・
あの映像で涙しない人はいないでしょう(>_<)

08.Justice to Believe(MUSEUM STYLE)←(個人的にはORCHESTRA STYLEで・・・)
この前のショートムービーからのこの曲・・・切り替えがうまく出来ず初日は乗り切れずに曲が終わった気が・・・orz

そしてトロッコに乗った奈々さんはバックステージへと移動・・・
ここからアコースティックコーナー

09.オルゴールとピアノと
ここでトム君こと大平勉さんが参戦してピアノのみでしっとりと歌いあげる・・・奈々さん「トム君とふたりっきりで❤」的な発言もありましたねw

10.22日:大好きな君へ、23日:LOOKING ON THE MOON
ここでちょーさんこと福長雅夫さん、イタルビッチこと渡辺格さんも参戦!!
ちょーさんは21日に娘さんが生まれたばかりで・・・なんと奈々さんと同じ誕生日ではありませんか!!
そして23日はちょーさん自身の誕生日!!
ちなみに23日の時はイタルビッチは自分の出番まで関係者席で見ていたそうで、奈々さんがスタートで降りてくる所をバッチリと激写したそうですw

11.22日:少年、23日:大好きな君へ
アコースティックコーナーはジーンと来ますよね・・・
23日の方は奈々さんが「皆座って~」しかし、センター席の人は座るとステージが後ろの為「見えないよー」というやり取りもありましたねw

さて、アコースティックコーナーはじっくりと聞くコーナーかと思われます・・・
何故かウルトラオレンジを振ってる人が居たんですよね・・・何故でしょう??

12.Astrogation
「飛んでいくぜ―!!」からのこの楽曲!!
そして再びトロッコに乗り込み、ステージを半周しながら戻って行きました。
22日の方はトロッコが結構良い位置で止まってくれたのでとにかく奈々さんをガン見しておきました!!w

東京ニューシティ管弦楽団による、ボレロ演奏
各楽器の紹介をしつつの演奏・・・オーケストラの生演奏に終始しびれっぱなしでした><

13.Orchestral Fantasia
ここでチェリーボーイズ(メンバー:ケニーこと北島健二さん、りゅうたんこと坂本竜太さんゆたぽんこと渡辺豊さん、イタルビッチ、トム君)も参戦して、来ない訳が無いこの楽曲を盛大に歌いあげました!!

14.ETERNAL BLAZE
初日はオーケストラverのイントロがカッコよくて跳ばずに聞き込んでました><

15.Crystal Letter
2曲連続のノリノリの曲で切り替えが難しかったですが、じっくりと聞かさせて頂きました。

16.Heart-shaped chant
ここでスペシャルゲスト、上松美香さんの登場!!
LIVE FORMULA以来となるHeart-shaped chantはアルパの生演奏付きで聞くのは初めてだったので感動しました><

17.深愛
MCを挟んでの深愛・・・泣かない訳が無い。

アンコール
全力で「奈~々!!」

18.SUPER GENERATION
テンションアゲアゲで跳びまくりです!!自分はサビの部分では踊ってましたけど・・・(^^ゞ
一つだけ言うと、会場を青一色に染めたいですね。

ここで重大発表!!

22日の発表は、4月13日にニューシングルが発売決定したとの事!!
しかも2枚同時発売!!
さらに驚きなのはその価格!!なんと、1枚777円!!
・・・LIVE DIAMONDのチケット代を思い出しましたw

23日の発表は、水樹奈々史上最長である2か月半に渡るライブツアーの決定!!
12ヶ所14公演です!!しかも愛知県2daysとか最高過ぎますね♪♪♪

19.Sing Forever
上の二つの発表の後なので興奮してましたが、なんとか抑えて、じっくりと聞いていました。

ダブルアンコール
20.22日:New Sensation、23日:POWER GATE
ここでオーケストラの方々も退席されていたのでいつも通りシャッスコールを!!
そして会場一つになっての大合唱!!
歌詞が1番と2番が頭の中でゴチャゴチャになっていたのは内緒です!!w
思いっきり歌う事にこそ意義があるんだから!!

そんな感じのライブでした。
正直な話アップダウンが結構激しくて戸惑う場面もありましたが、それも含めて最高のライブでした(^ω^)
ここまで長文を読んでくださりありがとうございます。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nm7inside76.blog130.fc2.com/tb.php/151-b3cdb268

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

☆のだめん☆

Author:☆のだめん☆
★声優であり、歌手の水樹奈々さんを気合入れて追いかけています。

★趣味:テニス、スキー・・・まぁ好きってだけですw

★たまに他の声優さんに浮気する事もあります・・・

★今現在SKE48にはまりつつあります・・・

ついったー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

公式リンク集

~水樹奈々さん~

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12979位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。